「E-CORE」

*「編成樹脂網状構造体」及び「立体網状構造体」

網状素材の可能性

主にポリエチレン樹脂を使用し、特殊機械で製造した立体網状構造体は、今までのクッション素材に変わる物として様々な可能性を秘めており、更なる研究を行なっております。

 「E-CORE」

歴史は1999年から始まりました

網状構造体「E-CORE」は、幾度となく研究開発された樹脂素材です。お客様からのご要望にお答えする度に商品は改良されてきました。網状素材としては自信を持ってご提供いたします。耐久性、柔軟性、色、形状など様々な事に取り組んで来た弊社の「E-CORE」は、これから更に多岐分野へ導入される素材です。

日本の技術

弊社の網状素材は、日本人のきめ細かい技術を生かして作られております。主に企業様とのお取引を行っており、各社様のこだわりの製品を作るために、お客様と幾度となくご相談させていただき、ご要望の素材を提供させていただいております。サイズや硬さ、形状など可能な限りの対応をいたします。皆様のこだわりの商品のお役に立てれば幸いです。

受託製造

寝具/家具/クッション/衝撃緩衝材など、素材としての利用について皆様のアイデア商品の一部として「E-CORE」を採用していただき、利用者が喜んでいただける商品作りを一緒に取り組ませて頂きます。

はじめに、商品開発にあたり大まかな用途などをヒヤリングさせていただくことで、網状素材の硬さなどを選択致します。元となる形状などがあればスムーズに進めることが出来ます。

試作製造については、可能な限り対応させていただいておりますが、特殊形状については型枠など別途ご負担頂ければ受託いたします。

詳しくは、お問い合わせください。